生活習慣病痛風に関する情報

痛風とは、高尿酸血症を原因とした関節炎を来す疾患です。発作する時、血液中の「尿酸」が増えて、結晶化してしまうと発生します。トゲトゲしてる結晶が血管の中に出来て、内側からずっと刺されるような感覚です。約70%の患者が足の親指にはじめての発作が起こります。近年の食生活の欧米化に伴い痛風患者は年々増加し、いまや身近な生活習慣病となっています。現在日本には推定で50~60万人もの痛風患者がいます。

痛風の原因は、尿酸という物質血液中に増えて体の中に溜まったことです。尿酸が一定量を超えると、血液中に溶けきれなくなり、結晶化して固まります。固まった結晶が関節に沈着し、痛風発作を起こします。実は尿酸はプリン体という物質が分解されて作られるものです。プリン体は体の中で作られ、食べ物から摂取するものです。そして腎臓や汗から排出されます。プリン体摂取過ぎると、尿酸量が増えて、そして排出が追いつかない時、尿酸は体の中に溜まってしまい痛風になりました。

痛風の症状は痛風という名前どおり、風に吹かれたくらいでも激しく痛みを感じます。痛風を発症した初期段階では、見た目ですぐわかる「腫れ」よりも、発作的に痛み、激痛が現れます。関節部分にトゲトゲしてる結晶が血管の中に出来て、内側からずっと刺されるような感覚で、痛みが非常に激しく、痛風患者さんから、骨の中から何かでえぐり出されるような痛さ、傷口にキリを差し込まれ、キリキリもみたてられるような痛さが感じます。靴下すら通せないほどの我慢も出来ない激痛です。治療をしないと痛風発作は3日くらい続き、その後少しずつ強くなって10日もするとウソのように回復します。さらにほうっておくと半年から1年ごとに繰り返し、足の親指以外の関節まで腫れ、痛風発作の間隔も短くなっていきます。

痛風の治療は結論として完治することが不可能です。その理由は簡単です。一度、痛風になると尿酸値が上昇した時点で再び症状が現れるので、この病気になると、一生尿酸降下薬が手放せないとも言われています。

しかし、日頃の尿酸値コントロールすることによって、発作は次第に起きなくなりますし、合併症も予防・改善することができます。薬を使った治療、食生活の改善、適度な運動を続けていれば、尿酸値を正常な値に下げることができます。それを生涯にわたって、維持していくと再発防止は十分可能です。

ボベラン

 

 

ボベランとは、痛風・捻挫・骨折・脱臼・筋肉痛など痛みや炎症を抑えるお薬です。

 

勃起力が弱い、たまには勃起できない方なら、シアリス20mgを試してみてください!シアリス20mg効果は10mgより強いです。

バイアグラというED治療薬は性行為の1時間前に水で服用して下さい。勃起効果を保証するために、必ずバイアグラ正規品を購入してください!